複数のウェブサイトを開設したいならドメインを取ってレンタルサーバーに設定しよう

何複数のウェブサイトをインターネット上に開設したいと考えたとき、必要なものは二つあります。それはドメインとレンタルサーバーなので、それぞれがどのようなものか知ったうえでウェブサイト開設に向けて動き始めましょう。

こちらではドメインとレンタルサーバーの説明、そして複数のウェブサイトを開設する方法を説明するので参考にしてください。

ドメインを取得することでウェブサイトを公開できる

アドレスという言葉は聞いたことがあっても、ドメインという言葉をまったく聞いたことがなくて意味がわからない方もいるでしょう。例えば、『ドメインが必要.co.jp/blog』というウェブサイトがあったとします。

その場合、『ドメインが必要.co.jp』の部分がドメインとなります。その後に続く『/blog』の部分は自由に変えられますが、ドメインである『ドメインが必要.co.jp』は一度取得してしまうと変更することはできません。

そのため、ドメインはインターネット上の住所のようなものといわれていて、ウェブサイトを表示させるために必須になっています。ドメインを取得すれば自分専用のものとなり、ほかの誰かが同じドメインでウェブサイトを開設することはできないです。

サーバーを自前で用意するのは難しいのでレンタルする

作成したウェブサイトを保存して、全世界に公開するためにはサーバーが必要になります。コンテンツが保存されたサーバーにアクセスすることで、ウェブサイトが表示されるようになるのです。そのサーバーは自前で用意することもできますが、24時間電源をつけっぱなしにしたり定期的にメンテナンスをしたりしなければいけません。

そのため、コンピューターに詳しくない方は、自前で用意するのは難しいといえるでしょう。だからといって公開を諦める必要はなく、サーバーをレンタルしてくれるサービスがあるので活用をおすすめします。

レンタルサーバーサービスではマニュアルを用意してくれているため、まったくの初心者だとしてもウェブサイトをスムーズに公開できます。

一つのレンタルサーバーで複数のウェブサイトを開設できる

複数のウェブサイトを公開するのならば、レンタルサーバーも複数借りなければいけないと考える方もいるかもしれません。しかし、一つのレンタルサーバーに複数のドメインを設定できるので安心しましょう。サービスによってはドメインの使用を無制限にしているところもあるので、たくさんのウェブサイトを一つのレンタルサーバーで運用できます。

ただし、ドメイン数は無制限でも保存できるウェブサイトの容量の上限が決まっている(例えば10ギガなど)ケースもあるため、複数登録したい場合は気をつけましょう。上限を超えてしまった場合は、容量が多いプランに変更するか、新たにレンタルサーバーを借りなければいけません。

ドメインの取得方法

ドメインが欲しくなったのなら、取得を手伝ってくれるサービスがあるので活用しましょう。そのようなところはいくつもあり、どこを使ったとしても同じドメインを取得することが可能です。ただし、それぞれで取得する料金が異なるので、損をしたくないときはしっかりとリサーチしたほうがよいでしょう。

取得サービスを利用するとき初めに行うべきなのは、お目当てのドメインがすでに利用されていないかどうかのチェックです。お目当てのドメイン名を入力するだけで、チェックしてくれるシステムが用意されているので利用の可否は簡単に確かめられます。

そして、利用可能なときは、チェックページから契約できるようになっている場合がほとんどです。迷っている間にほかの誰かに取られてしまう可能性もあるため、できる限り早く契約の決断をしましょう。なお、ドメインは一度取得すれば、一生自分のものになるわけではありません。

取得サービスに更新費用を支払わなければ、所有する権利を失ってしまうので気をつけましょう。まず間違いなく自動更新ができるようになっているため、心配なら忘れずに設定しておくことをおすすめします。

レンタルサーバーの選び方

契約するときは、利用する予定のサーバーのスペックをきちんと確認するようにしましょう。とくに安定性は大切なので、必ずチェックしたほうが良いです。安定性が悪いと、ウェブサイトが表示されなかったり表示が遅くなったりして、せっかく見にきてくれた方が離れる原因となってしまいます。

ただ、レンタルサーバーサービス側の説明は、良いことだけ記載されている可能性が高いので判断材料としては不十分です。そのため、実際に使っている方の意見を探すことをおすすめします。

利用者が使い勝手がよいといっているなら、満足できる可能性がグッとアップするでしょう。そして、利用したいレンタルサーバーが見つかったときは、あとは公式ウェブサイトから契約するだけです。クレジットカードがあればその場で契約ができて、すぐに使い始められます。

ちなみに、契約したレンタルサーバーに満足ができないときは、乗り換えることも可能です。

そのため、最初はスペックの低いサービスを利用して、閲覧者の数が増えたらスペックの高いサービスに乗り換えることもできます。ただし、それなりに面倒な手間がかかるので、乗り換えを前提にするなら、後悔しないためにも方法を調べたうえでの契約をおすすめします。

順番はどちらからでも良い

webサイトの公開にはドメイン取得とレンタルサーバー契約の両方が必要になりますが、それぞれ独立したサービスなので、利用する順番はどちらからでも大丈夫です。ただ、取得したいドメインがすでに決まっているなら、最初にやったほうがよいでしょう。

レンタルサーバーが借りられなくなることはほぼありませんが、ドメインがほかの誰かに取得されて使えなくなることはあり得るからです。

レンタルサーバーで複数サイトを作り運営する3つの方法

複数のウェブサイトの開設方法

レンタルサーバーの設定メニューには、『ドメインの設定』が用意されているため、そちらに取得したものを登録することになります。複数取得したものがあるなら、取得したドメイン名を間違わないようにすべて打ち込んで設定を終わらせましょう。

もしも、設定の方法が分からないときは、マニュアルやQ&Aのチェックをおすすめします。ドメインの設定方法というとても重要な情報は、そこに間違いなく載っているので疑問を解決できます。ドメイン設定後、それぞれにコンテンツを与えてやれば複数のウェブサイトの完成です。

複数のウェブサイトを公開するのは難しくない

一つのウェブサイトを公開するだけでも大変そうなのに、複数を公開するとなるとかなりの苦労をするだろうと考えるかもしれませが、ドメイン取得とレンタルサーバー契約・設定はそれほど難しくないので、興味があるならやってみることをおすすめします。

ウェブサイトのコンテンツさえ用意できていれば、一日もかからずに公開できるでしょう。

無料レンタルサーバーの選び方!3つのおすすめも紹介